ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

ファン筆 使い方

2018.06.15 Friday

以前投稿したファン筆について

 

私自身が現場でファン筆をどう使っているかをブログでお届けいたします。

 

一応確認致しますが、あくまでこのファン筆は「模様のある」石目柄フロアの補修に「模様を再現」するのに便利な商品ということで紹介します…

(「これも直るの?」と無地の大理石の写真をお持ちになって来られた方もいらっしゃったので…)

 

 

まず、現場で石目柄フロアに遭遇します…とブログに書こうとしてからなかなか石目柄フロアの補修がなく、やっと出会ったと思ったらかなりの大物でした。

 

 

貼り直した奥側のフロアが少し浮いています。右端の黒い点はフィニッシュ跡です。

 

施工がうまくいかず段差ができ、高くなっている奥のフロアの側面が見えているため、目地と目地の隙間のようにも見えて余計に目立っています。

 

仕上がりはこのようになりました。

 

 

目地のラインの太さが揃ったので、あからさまにフロアに隙間が開いてるようには見えなくなりました。

 

高さを揃えるのにフロアの表面全体をガンガン削ぐ訳にはいかないので、高くなったフロアの幅5mm(下写真の青色の部分)ほどをなだらかに削ってアールを付け、削った面にワックスをのせて段差を解消しました。

 

 

大袈裟に図で表すと下記図のような状態です。

 

黄色の部分がワックスをのせた箇所です。根本的にフロアの高さを直した訳ではありませんが、破線の先のみ高さを揃えるようにしました。

 

 

フロアの側面が見えていることで違和感を覚えてしまうので、そこさえ解消すれば見た目にはわからなくなりました。

 

 

 

まずはワックスの調色です。

 

私がよく遭遇するのはDAIKEN石目柄(艶消し仕上げ)シリーズの白系石目柄フロアです。


このフロアを補修するには粉末顔料のマリンパールホワイトをワックスに混ぜます。

 

下の画像のように、角度によって輝くように見えるのを再現するのに粉末顔料は不可欠です。

 

 

結構多めに入れないとあまり分からないので、しっかり入れます。

 

ドライヤーを使うと風で粉が飛んで行くので、ホットナイフで溶かしたワックスが固まりきらないうちに混ぜるのがおすすめです。

 

 

調色したパテをのせます。

 

 

白系のワックス単体で直すのは厳しいので、必ず複数のワックスを混ぜて合う色を作ります。

 

写真のように、ワックスが不必要な箇所はあらかじめマスキングを貼っとけば汚れなくて済みます。

 

充填したワックスをフィラーアプリケーターで面出し成形します。

 

 

 

次に今回の目玉であるファン筆での模様作りです。

 

フロアとワックスの境目ですがここはファン筆のタッチでは難しいのでレッドマーテンブラシのNo.1を使いました。

 

境目に塗料を点置きします。

 

 

土台が完成したら調色したフェラーエックスをファン筆に含ませ、模様を再現するようタッチアップします。

 

ちなみに塗料にもマリンパールホワイトを入れています。

 

 

ポイントは周りと塗料の色をよく見て模様を作る事です。

 

ファン筆は穂先が多い分塗料をよく含みすぎるのですが、その加減さえ慣れてしまえば模様を自然な風合いに再現しやすいです。

 

マスキングに付いている筆のは、筆に含んだ塗料の量をいい塩梅にした跡です。

 

最後にフロアの艶をアクリルスプレーで合わせて完成です。

 

 

最初の目地とフロア側面が見えて悪目立ちしていたのが解消されました。
 

 

同じフロアのフィニッシュ跡は、先ほど調色した粉末顔料入りのワックス充填のみで解決です。

 

 

調色で失敗しなければあっという間に作業が終えられるので個人的にはかなり重宝しています。

 

慣れないうちは使いづらいかもしれませんが、試し描きがてら紙の上で練習するのが良いと思います。

 

ガンを吹く手間を省きたいという場合にはうってつけの商品です。

 

ぜひ試して頂きたい一品・ファン筆のご紹介でした。

 

by 岡本 カテゴリー: -

梅雨の楽しみ

2018.06.12 Tuesday

 

梅雨の6月

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

入社2年目事務員古川です。

 

我がリペアルがある岡山の今日のお天気は、お昼前にザーっと雨が降り午後からはカラっと晴れるというちょっと不思議なお天気です。

 

昨日事務所での仕事を終えふと窓の外を見てみると、お隣のお庭に素敵な額紫陽花が咲いているのを発見しました。

やっぱり梅雨時期は紫陽花ですよね!

きれいだなぁとみていると先輩社員の岡本さんが

「リペアルの事務所の裏にも綺麗な紫陽花咲いてますよっ」と教えてくれました。

 

二人でその場所まで見に行ってみると、とっても可愛い紫陽花がたくさん咲いてました。

 

 

それがこちらの写真です

 

 

 

小さなお花がたくさん集まっている紫陽花。

雨露に濡れて本当に素敵でした!

つぼみのものもあったので、もうしばらく梅雨の時期を楽しめそうです。

 

by 古川 カテゴリー: -

価格改定のお知らせ

2018.05.14 Monday

みなさま、今回は大変心苦しいお知らせがございます。

弊社で取り扱いをしておりますアシーナ筆の価格改定により、この度値上げをさせていただくこととなりました。

2018年5月31日18時までのご注文分は現在の価格を適用、それ以降のご注文分は誠に恐縮ではございますが新価格を適用させていただきます。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

〈対象商品および改定価格〉※すべて税込み価格です

アシーナラヴィア ライナー#10/0 

旧価格 349円 → 新価格 496円

 

アシーナラヴィア ライナー#5/0 

旧価格 349円 → 新価格 496円

 

アシーナラヴィア フラット#12 

旧価格 648円 → 新価格 928円

 

アシーナラヴィア フラット#16 

旧価格 945円 → 新価格 1252円

 

アシーナラヴィア コーム1/4インチ 

旧価格 774円 → 新価格 1036円

 

アシーナラヴィア コーム1/2インチ 

旧価格 814円 → 新価格 1242円

 

アシーナラヴィア コーム3/4インチ 

旧価格 1163円 → 新価格 1728円

 

アシーナラヴィア フィルバートコーム1/4インチ 1036円 変更なし

 

アシーナラヴィア フィルバートコーム1/2インチ 1404円 変更なし

 

 

価格改定までまだ少しお時間ございます。

ご購入を検討されている方はぜひ5月中にお買い求めください!!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

by 古川 カテゴリー: お知らせ

今年3月初旬に弊社に届きました埼玉の消印のアンケートハガキについてのご返答になりますが、先にご返答が大変遅くなってしまった事を心よりお詫び申し上げます。

今後はより迅速な対応が出来るように誠心誠意努めたいと思います。

 

それでは気を取り直してアンケートに記入して頂いていた項目についてお答えしていきたいと思います。
 

 

アンケートハガキ項目7.技術的にお困りのことはありますか?

 「木目に対して垂直な傷の補修」

 

弊社の行っている方法をいくつか挙げさせていただきます。

 

1.浅い擦り傷で白系以外の木目調であれば染料系着色料を軽くしみこませて目立たなくさせることができます。

 

浅いですが横に入った傷がはっきり分かります。

 

弊社取り扱いの染料カラーインクを筆で傷に塗ります。(分かりやすいように右半分だけを施工していきます)

 

ウエスなどで手早くこすってなじませると、

 

分からなくなりました!

 

ちなみに時間をおくと染料が染み込みすぎて色が濃くなってしまいますので、その時はリキッドサンドペーパーで拭き取ってください。

また、浅い傷がたくさんある時はウエスなどの布に染料を染み込ませてこすりつけていくと筆で塗る手間を省けます。

染料を補充して使えるフェルトペンインクなども使い勝手がよく便利です。

 

 

2.深めの線傷に対しては基本的には傷を押さえてへこましてからハードワックスFを充填して着色していきます。

 

カッターなどで出来た線傷の場合は縁が膨らんでいるのでバニッシャースタイラスでしっかり凹まします。

 

調色したハードワックスFを充填しフィラーアプリケータースーパーアシレックス#360500)で面を出していきます。

 

面がでたらフェラーエックスで着色していきますが、横の線傷の場合は木目を書こうとすると大変なので、できるだけワックスが入っているところだけに線ではなく点で着色したほうが違和感も少なく時間も短縮できると思います。

 

フェラーエックスなどの顔料は使いすぎると面に厚みがでてしまうのでスペシャルプライマーサンディングスプレー→スーパーアシレックス(500)で再度面出しをしてアクリルスプレーで艶調整し、仕上げにスーパーアシレックス(#8001300)で表面を整えて完了です。

                   

 

3.傷が多い時にはエアブラシを使って対応します。

 

 

面出しまでは基本の線傷と同じです。傷をへこましてハードワックスFを充填し面出しをします。

 

養生をして春目(明るい木目)に合わせて調色したフェラーエックスをエアブラシで冬目(暗い木目)を薄く残す感じで塗布します。(フェラーエックスを塗布する時はセルローズシンナーを2:1ぐらいの割合で混ぜて使って下さい)

 

上から冬目をなぞって書いていきます。塗布した時に表面がザラつく様ならスーパーアシレックス(800〜1300)で馴らしてください。それ以下の番手だと色が落ちてしまいます。

春目、冬目以外の中間色の木目も自然に見えるように適度に書いていき、スペシャルプライマー→アクリルスプレー→スーパーアシレックス(800〜1300)で仕上げます。

 

細かい木目をたくさん書くときにはアシーナラヴィアコーム筆などもおすすめです。

 

今回は一般的なフロア材を元に書かせていただきましたが、床暖房が入っている場合は融点の高いハードワックスプラスハードワックスプロがお勧めです。

方向変色をするときはパテにエフェクトワックスを使ったり、着色するときに粉末顔料を混ぜることで自然な状態に近づけます。(エフェクトワックスは床暖房にはお勧めできません)

同じく方向変色にエアブラシを使うときは粉末顔料の代わりにパールコンクがお勧めです。

 

フロアの材質や傷の付き方など状況が変われば使う材料や工程が少し変わってくるとは思いますがご参考になれば幸いです。

by 笠原 カテゴリー: ご質問にお答えします

全[209]ページ中[1]ページ目を表示しています