ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

のぼりがま

2017.11.13 Monday

11月が半分すぎました。数えてみればあと7週間で今年が終わるようです。

そろそろ本格的な冬支度がいりますね。

 

さて先日土曜日、学生時代の友人が遊びに来てくれました。4歳になるという息子がもうかわいい盛りでございます。

その彼女、いつもは休みのはずなのに翌日の日曜日は仕事だという話になり、なにやら岡山県立美術館が主催して、ミニ登り窯で窯焚きを体験するワークショップがありそのお手伝いをするそうで。

実はお局事務員と重役田中は大学の先輩後輩の関係でして、ともに陶芸の専攻でした。

場所が母校ということで、わが子もつれて見学に行くことに。

 

しかし当日!

行く道すがらで「人数に余裕があるから参加もできるよ」と連絡が入ったので、急遽わたしたちも参加できることになってウキウキ。

 

陶芸体験と一口に言っても、粘土が焼き物になるにはたくさんの工程を経ているわけで、そのすべてを体験するのはなかなか難しいものです。

よくあるのは、粘土で形を作る工程、素焼きされた生地に絵付けする工程あたりでしょうか。

 

今回のワークショップでは、窯焚き体験ということで普段あまりない「焼く」工程を体験できました。

しかも、釉掛けもできる!

 

釉薬をかける工程を体験できるのって結構珍しい気がするんですが、どうなんでしょう。

 

釉薬をかける生地は、素焼きといって一度低い温度で焼いたものです。今回は用意されたものから好きなかたちを選んでというスタイル。

奥の白いのが白土、手前の茶色いのが赤土、全て窯に合わせた手のひらサイズ。

われわれはそれぞれ一つずつ選びました。

 

釉薬は8種類あったような記憶です。横に焼いたものがサンプルとして置いてあり、どんな色にしよう、どんな質感にしようと皆さん真剣。焼く時の条件で仕上がりは変わってくるので、サンプル通りにいかないことも考慮に入れつつ選びました。

2種類3種類の釉薬を掛け分けてもOKだったのも楽しかったです。

 

いよいよ釉掛け!

長男はフォーク、次男はルーク的なの、お局はなんでしょうね広口の一輪挿しかな、重役田中は片口。

素焼きの生地はカラッカラなので、水分をすごく吸います。引き上げたそばからススス〜と乾いてマットになっていきます。

釉薬はガラス質で溶けて引っつくので、底の部分は濡れたスポンジで拭き取ります。

 

次は窯詰め!

使わせていただいたこのミニ登り窯、実は重役田中が学生時代に作ったものだそうです。作っただけで使ったことはないそうで、何やら感慨深いものがありますね。

ちなみに、横長の空間ですが全てに作品を詰めるわけではなく、真ん中のみ。右側は燃料用のスペースとして空けておきます。

 

今回の燃料はおがくず備長炭というものだそうです。まずは、熾った炭を入れて、ドライヤーにて強制的にゴンゴン風を送ります。炭の様子を見て少なくなったらどんどん足していきます。

時間が進むにつれ炭の消費も早くなるので、ホントにちょくちょくのぞいて足してやらねばなりません。

 

そのうち窯の温度が上がってくるとファイヤー状態になります。

中の作品も釉薬が溶け始め、赤く透けてとってもキレイ…。

 

さてさてここで、釉薬が溶けて焼きあがったら窯から出して冷ますのですが、その時にもみ殻に中に埋めるという方法があります。

こうすると釉薬に金属光沢が出るんです。不思議ですね〜。当たっているもみ殻が燃えてその灰が作用するのか、はたまた還元焼成的な効果があるのか、よくわかりませんがとっても面白い。

 

我が家と重役田中も、やってみることにしました。

写真は別の作品だったりするのですが、窯から出してすぐにもみ殻につっ込み、上からもかけてすぐさま蓋!しばし待つ。

 

で、出てきたのがこちらです。フォークなんかは見事にギラギラしました。何の釉薬をかけたかだれも覚えてないので再現性が低いのがまことに残念。たしか白っぽいサンプルだったと思うけど…。

ルークは黒の釉薬です。なんか渋いくてかっこいいですね。お局のは上は白、下は黒。ですが、下の黒はまだちゃんと溶けておらずマットな仕上がりになったそうです。上は白が金属光沢をまとって銀彩みたいな鼠色に。ステキです。

重役田中のは出来上がりを撮るのを忘れてしまった、すみません。

 

これ、午後の半日でやったんですよ。なんてお手軽なんでしょうか。

焼いた作品は、その日に持って帰れる状態。なのですが、今回作った作品は、こちらで展示されたのち手元に届くそうです。

第64回日本伝統工芸展岡山展

伝統工芸展の関連イベントだったんですね。

 

伝統工芸で目を肥やすついでに、チラ見してください。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

全力ハロウィン

2017.11.07 Tuesday

11月に突入です。台風が来たり雪が降ったりよくわからないお天気が続きますが、みなさまご無事ですか?

 

10月31日は、日本でもイベントとして定着してきたハロウィンの日でした。

一週間も過ぎてしまいましたが、ご報告です。

ところで、ハロウィンて結局何でしたっけ?Wikipediaをのぞいてみると、もともとケルト人の秋の収穫祭ですが、現在では宗教的な意味はほとんどない。なんて日本人向きのイベント!残ったキーワードは、かぼちゃ・魔女やお化けの仮装・トリックオアトリートでお菓子をせしめる、あたりでしょうか。

 

そんなわけで、リペアルもハロウィンを楽しみました。

 

今年のテーマは「目」

先日SNSに上げたジェルパテの行く末はこちらです。

黄色い部分は濃縮インク、黒い瞳孔はフェラーエックス、虹彩なんかも細かく描いていきます。

ハロウィンらしく赤系でゾンビっぽくするもよし、ブルーアイズで憧れを満たすもよし。

猫の目もありですね。きれいにブルーにしたところも溶剤+ウエスでちょっと落とすと怖くなります。

 

瞳が出来たら白目。目を増やしたいところに白目を描きます。

本物の白目と見比べて355を選んでみました。ちなみに、フェラーエックスは肌に直接塗るとめっちゃ沁みます。

木工用ボンドを薄めたもの等をあらかじめ塗ったりして保護した方が身のためです。

そして、つくった瞳をペタ。真剣に変な態勢で頑張ってますが、やってることは業務とは一切関係ありません。

 

次は瞼!

ティッシュペーパーで紙縒りを作って造形します。木工用ボンドを水で溶いてゆるくして貼りたいところに塗って、紙縒りをのせます。地肌になじむように外側に向けてだんだん細い紙縒りにしていきます。仕上げに一枚物のティッシュペーパーを被せてなだらかに…。

 

形が出来たらメイク

ファンデーションで肌色下地、アイメイクをしてまつげをつけます。きもちわるい。

 

真剣な面持ちでメイクを施す面々。何度も言いますがやってることは特に仕事には関係ありません。

新人一名に至っては、屋外にはみ出す始末。

目を作りながら、「お手本はすぐ上に本物がある!」と気合を入れていたら、社長に、「何言ってんだか…。」と言われました。

 

さてその社長はというと

脱脂綿を木工用ボンドでくっつけて偽りの皮膚を作り、それを切ります。切り口が綺麗すぎるのでティッシュペーパーで覆って汚い切り口を表現。美容師並みにドライヤーを操ってますが、目は4個あります。

 

フェラーエックスを調色してエアブラシで吹き付け、肌となじませます。ふつうはファンデーションだと思うけど。

赤黒い顔料で乾いた血を、鮮やかな赤い染料で生々しい血を表現。

手が足りないので、乾燥はご自分でお願いします。

 

木工用ボンドに赤の染料を混ぜて、血糊を溢れさせます。乾くとボンドが透明になるので白濁がなくなります。

あと、傷口を適当に縫ってます。最初に盛った脱脂綿部分に直接縫い針を指しました。塗ったり縫ったり大変。

 

顔の付け替え完了!どんな体にも社長の顔をつけちゃえば社長です!

マクドナルドにて矢面に立つの図。

準備が整ったら、いたって真面目に業務をこなし、夜は都合のつく社員で街に繰り出しました。ハロウィンでわいわいやってるエリアもあるのに、なぜかしっとり落ち着いたお店に入る有志。心眼でメニューを選びます。

 

ギリギリまでテーマを迷い、開催も危ぶまれたリペアルのハロウィンはこうして無事?終了しました。

今年で2年ぶり2回目の仮装。次回も補修材で真剣におふざけできたらと思います。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

2017年 お月見の宴

2017.10.11 Wednesday

秋ですね。月みられましたか?

リペアルでは、お客様を招いて年に4回、お花見、手持ち花火大会、お月見、忘年会と年中行事を開催しています。

 

というわけで、先日の日曜日お月見をやってきました。

 

まぁ、毎度のことながら月を見上げるよりは食べ物を見ている方が断然長いんです。

が、月もきれいでしたよ!!

 

野外の行事はバーベキュー

恒例、ホルモン火災。

今回は、キンメダイやサザエ、厚揚げなど、アラフォーお局の胃にやさしい食材もあってうれしいかぎり。

お客様には同世代も多いので、よかったのでは…。

 

秋を意識して、きのこも増量しました。きのこの炊き込みご飯のおにぎりに、キノコ鍋も!

たぬきは天かすを混ぜ込んだおにぎりです。結構人気者でした。

 

リペアル常連さんにはもはや定番、これを目当てにいらっしゃる方もいるほど、というアレ。

元菓子職人社員による手作りデザート。

10月はハロウィンということで、カボチャのムースと生クリームの大福〜。

ふっかふかでめちゃうまでした。

 

お越しくださったお客様、ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

至らぬおもてなしとは思いますが、また次回もぜひ!ご参加ください。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

新築塗装

2017.10.02 Monday

10月になりましたね。明後日が中秋の名月らしいですが、うまく晴れるといいなぁ。

 

さかのぼって、8月。

リペアルでは、ある新築現場の塗装をしておりましたが、お引っ越しも済まされ披露パーティーにもお呼ばれしてきました。

ちなみに、写真は後日撮影したものですが…。

 

リペアルが塗装させて頂いたのは、壁、天井、床、建具など。色も奥様と細かく相談しながら決めていきました。

テーマがなかなか面白いんですよ。

おうちの中だけど、街並みみたいにしたい!ということで…

緑色の扉は玄関です。上写真の扉は開けると階段室です。

ちょっと分かりづらいですが2枚の写真は平面で続いてます。上のアンティーク調水色ドアに合わせて隣の窓枠を塗装、ここがカフェ。

 

カフェのドアを開けると2回に続く階段があります。手前のスペースがおもてなしエリアのカフェなのです。

右側の掃き出しはサンルーム!

ドリンクメニューも自作されて、おとなのお店屋さんごっこです。わくわくですねぇ。

 

壁は白が基本ですが、随所に差し色が。階段の一面はからし色になりました。

まだまだ差し色の壁は出てきますよ。

 

さて、カフェの隣は奥様のWIC。街のブティックです。

こちらは落ち着いたボトルグリーンの建具。ここも窓枠は色を合わせてあります。

シックな大人のブティック。

もう衣装が入っていたので写真の掲載はできませんが、なんと室内(店内?)は全面ピスタチオグリーン!

かわいい!

 

リビングのテレビを置いた壁。濃紺で締めました。

手前の照明のマットな質感もステキ。

ど〜んと二階の高さまでの吹き抜けです。贅沢。

 

上は1階のトイレ、下は2階のトイレ。

写真が下手で申し訳ないですが、1階はオレンジ、2階はピンクを使ってます。

どちらも落ち着き目の色です。

1階は、左手の収納の戸も同じ色。

 

この日は、残っているウッドデッキの色を決めにうかがいましたが、おいしいカフェご飯をごちそうになりました。

ごちそうさまです!

 

ウッドデッキが完成したらまた、遊びに行こう…。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

不憫な我が息子2

2016.05.17 Tuesday

校外学習
それは、「お弁当がいる日」と母の中で勝手に変換される日であります。

先日の次男に引き続き、今度は長男が出かけました。
体は小柄ながら大きな心で母を包み込む優しい長男は、母を頼らずしっかりと生きています。前日に準備(お弁当がいりますという確認を含む)を済ませ、就寝。

しかしながら、なぜか天気予報は当日のみ雨模様。母のLINEが活発化します。決行か延期か…。わたくし的にはお弁当が1回か2回か(そんなに嫌なのか)…悩むところであります。

当日は、家を出る時点ではなんとか雨は降らず。
そう。
家を出る時点では。

日本の天気予報というものは、実に正確ですね。頼りになるなぁ。午後からちゃんと降るんだものなぁ。しかも結構強めじゃないですか。雨具は折りたたみ傘を持たせているのですが、学校に持っていく傘もすぐに壊す長男。心配です(もちろん長男のことですよ)。

いつもより早い時間に帰宅した長男は、ずぶぬれで案の定傘は壊れてびよんびよんになっていました。差したらなんか部品が飛んで行ったらしいです。そんなわけないじゃないか!けれども、壊れた傘で古墳をめぐる旅はさぞ疲れたろうと思います。
なにか得るものがあったなら、雨の苦労も帳消しにしてくれることでしょう。

そしてなぜか兄以上にびしょ濡れで帰ってくる次男。こちらにはいたわりの気持ちは湧かない…。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

不憫な我が息子

2016.04.28 Thursday

校外学習
それは、「お弁当がいる日」と母の中で勝手に変換される日であります。

次男の校外学習に地域の資源ゴミ当番が重なり、早起きせねばならんなぁと思いつつ就寝したのをつい昨日のことのように思い出します。昨日のことだけど。

今朝、次男の「かぁちゃんおべんとうは?」という声で目覚めるわたくし。
文字にならない奇声を発しながら飛び起きると、次男が家を出るまであと10分!
なんとか5分でお弁当をやっつけ、ダッシュで着替えて資源ゴミのもとへ…。

朝からどっぷり疲れました。

落ち着いてから校外学習のプリントを見てみると、服装の欄に「制服」と書いてあります。あの子体操服で出かけたよ。小雨で行くかどうかわからない状況だったのに。

次男は生まれた時からできない母に振り回されております。
強く優しく育ってくれてありがとう。
これからも母を温かい目で見守っていただけると大変ありがたいです。

帰ってきたらたくさん褒めてやろう。そう心に誓いつつ、今日は小学校の役員会であったと思い出すのであった。

夜も私いない!!

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

今日は3月14日、ホワイトデーでございます。1か月前に蒔いた種が予想を超えてとても立派に育っておりました。
朝からすご〜く幸せ気分です。



定番のモロゾフ、安定のおいしさ


気を使わせない駄菓子の詰め合わせと思いきや!袋は手作りの裁縫男子


お局リクエストのレモンケーキ、これ、元パティシエの手作りです
商売抜きの本気のケーキ、めっちゃうまい…


ここはコンセプトとかパッケージとかすごく好きです
http://www.fukure.com/
仕事をしてたら、クール便が届きまして
朝、顔を合わせたにもかかわらず何も言ってなかったのに!
ホワイトデーの贈り物でした
なんてできる男…

分厚いほうの中身 いろんな種類がぎっしり!
これは、二箱で三人分なので仲良く分けます


最後は、社長からの板チョコ
リペアルにぴったり?なペイントチョコです
パッケージも印刷じゃなくってホントにペイントした紙っぽい
一人ひとり柄が違います

リペアルの女性陣、あいされてますね。
これからも、もっともっと大事にしてくれたまえ!
とかなんとか、いやいやこちらこそもっと大切に思っていきますので、末永くよろしくお願いいたします。
みんなありがとう。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

ゾンビが来たぞ

2015.11.05 Thursday

みなさま11月です。もうすっかり寒いです。

10月31日は日本でもおなじみとなったイベントがありましたね〜。
そう!ハロウィン!!

リペアルは、初めて仮装にて参加してみました。と言っても、31日は土曜日で定休日だったので30日に、社員総出で仮装、事務仕事に勤しむというスタイルです。普段現場の多いメンバーも全員揃って事務所ぎゅうぎゅうです。

お店に来てくださっているお客様には「30日お店に来てください!」と元気よくご案内。その際、情報は一切公開せず、当日もFacebookにてチラ見せにとどめてました。
にも関わらず!
現場の合間を縫って、お買い物をこの日に合わせて、さらには特にご用事もないのにわざわざ、そしてそして日付で察知した猛者はお菓子まで持って、たくさんの方が来てくださいました。

感無量・・・
日頃よりご愛顧まことにありがとうございます。

こんなおどろおどろしいお菓子まで作ったかいがあったというものです。


さて、そろそろレポートに移りますよ。
テーマはゾンビ、裏設定まで定めております。あらゆるところ超本気。


動画にて傷のつくり方を装備したリペアル社員が互いに互いを傷つけ合っていきます。
ティッシュペーパーと木工用ボンド、着色はご覧のとおり、ペイントボックスフェラーエックスの他、OFステイン粉末顔料などなど。赤系がグングンなくなるっ。

鼻血は、コスプレ衣装に付属の血糊です。甘い。

目元も忘れない、この日一番気合の入った、うら若き重役田中が怖いです。


蒼白な顔面は、粉末顔料の亜鉛華をハンドクリームで練って塗りつけてます。亜鉛華は肌につけるものにも使われている材料なのでいけるであろうということで…。ただ、積極的におすすめはしません。

お局のわたくしも顔下半分と手足に塗ってます。デフォルトでこれくらい色白ならいいのになぁ。

で、田中はこれで完成!危ない博士の研究室つき臓物処理係の役です。

こちらのガスマスク(+ゴム製防護服)、めちゃめちゃ苦しいらしく、人間ってこんなにみるみる消耗していくもんなんだなぁ…と妙に感心してしまう一日でありました。

一方こちらは、おやつタイムの博士、やんわり楢原。今日は、役になりきることをやんわり拒否していつものテンションです。

こんな格好をしながらも、事務仕事をこなします。

こんなふうに傍らに臓物を置いて…。

さてさて、せっかくなのでお昼はお外で和気藹々といただきます。


みんな顔汚い!
お客様のいない間は、普通のテンションなので、そこはさながらテーマパークの楽屋のようです。

一名普通の格好をしているのは、この日休日の従業員。お昼ご飯を買いに行けない社員一同のパシリとして召喚。ありがとうありがとう。

最後まで生き残る役のとどろき岡本は、みんなよりキレイめです。鼻血すら見目麗しい。
生き残らいない方の軍人、太郎社長は、レンズのこちら側でこんな感じになってます。

隊長感ハンパない。額打ち抜かれてるのに!!

というわけで、実際にはお客様と遊ぶ合間に仕事をするという幸せな一日を終え…るつもりが夜のお食事の予定が入り、先方の同意を得てなんとこのまま夜の街に繰り出す一同なのでした。

今後ともこんな株式会社リペアルをご贔屓に〜

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

夏のお祭り

2015.08.04 Tuesday

暑いです。朝9時開店時のリペアル、温度計は30度超え…。これからたっぷり2ヶ月は続く夏に戦慄が走る今日この頃、みなさまいかがお過ごしですか?

先日の土日、ここ岡山市では花火大会も兼ねたメイン夏祭り「おかやま桃太郎まつり」が開催されました。桃太郎のおはなしをご存知ない方は少ないと思いますが、発祥の地というと…そう、岡山が有力候補なのです。そんなわけで岡山駅にも銅像があるくらい桃太郎推しの岡山県。

そのお祭りに「うらじゃおどり」というイベントがありまして。うらじゃとはなんぞや?と思われる方がほとんどと思われますが、これから事務員が御説明申し上げますので少々お待ちを!

吉備津神社に祀られております吉備津彦命(きびつひこのみこと)が桃太郎のモデルとされてます。となると、鬼にもいるわけです、モデルが。それが温羅(うら)。うらじゃおどりとは、温羅化粧を施し鬼と化した踊り子たちがわんさと踊り溢れる、いわゆるYOSAKOI系のお祭りなのです。

桃太郎まつりなのにメインイベントは鬼の方…好きですおかやま

さて、そのうらじゃおどりに、我が社ののんびり社員が参加しております。退社後練習を重ね、ついに先日初本番!上司としましては応援に行かないわけにはいくまいと見に行ってきました。

まぁ本気の連!踊りも複雑だし、気合も半端ない。たくさんの連の中でもなかなかに見ごたえのあるものでした。よく頑張ったなぁ。よさこいや阿波踊りにも出る連らしいので当然といえば当然なのかもしれませんが、とてもよかったです。

賞は取れなかったということですが、地元紙の一面にどど〜んと載ってましたよ。

のんびり社員は後ろの方に小さくぼんやり踊ってます。顔はわからないですが…。

暑い夏に熱いことをするのも、なかなかいいものだなぁと感じる事務員でした。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

お風呂に入ったとき、だらんと体の力を抜いて見たこと、みなさまあると思います。その時、左右の腕は同じ高さでふわふわしていますか?

事務員は、左手がちょっと下です。
これは多分、事務員が右利きだからだろうとぼんやり納得しております。

右利きだから、右手をフリーにしておきたい。ならば!その時荷物を持っているとしたら左手の出番です。
思えば、子供が小さい頃抱っこはいつも左手でしたねぇ。

筋肉は重いと聞きますので、一見同じ太さに見える左右の腕も、左のほうが筋肉の比率が高いと思われます。う〜ん納得。

ただ、実験ケースが事務員一個体ですので、左利きの事務員2に聞き取り調査をしてみると意外と別に関係ないのかもしれません。
また、足の方はちょっと実験が難しいので、おいおい気が向いたらやってみたいと思います。足は左右対称であってほしい…

さぁ、みなさまも今晩レッツ確認!


おまけ おふろのぶくぶく新発見

by カテゴリー: お局事務員

全[43]ページ中[1]ページ目を表示しています