ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

パールコンク

2017.11.24 Friday

久しぶりのブログになります。

事務員兼作業員の田中です。

 

今回のブログはリペアル発刊紙、ほしゅうだよりNo.8【教えて太郎さん!!】とリンクしています。

 

実際にパールコンクを使って突き板フロアのこげ跡を補修しました。

フロア材はイクタの銘木フロアーSTブラックチェリーです。

 

 

まずはフロアの下処理から、

こげたり膨れた部分をカッターと彫刻刀で削り取ります。

(追記:写真は取りきらずにパテ埋めてしまいましたが、

焦げは灰汁が出ることがあるため完全に取り除いた方がいいです)

 

膨れが水平面より凹んでいるかどうか分からない場合は、

ヘラや定規を橋渡しして表面を撫でてみてください。

引っかかるところがなければ下処理ができています。

 

レックスリートウッドフェラーエックスを混ぜフロアの色のパテを作ります。

この時、多めに調色した主剤を使う分だけ取り分けて、硬化剤を混ぜていくと調色が1度ですむので便利です。

硬化したら、メタルプレーナーで面出しを平面が出るまで繰り返します。

今回は2回打ちました。

素穴取りにアクアウッドフィラー161を埋めて、ペーパーで整えたら面出しの完成です。

 

次は調色ですが、

無垢材や突き板などの天然の木目の部材の場合、

繊維等の影響で光の反射に一方的な方向性が生まれるため

見る角度によって色が違ってみえます。

この現象を方向変色と呼びます。

 

方向変色している部材はフェラーエックスなどの顔料で着色すると、

着色した部分だけ色が変わらないので(周りが明るく見えたり暗く見えたり変化するため)浮いてしまいます。

そこで周りと同じ様に光を反射させる為に、ラメやパール顔料を加え方向変色に追随させます。

そのため、調色は一方向から色を見るのではなく視点を変えて多方向から確認する必要があります。

 

 

\吉深…一番明るく見えるところ(光源の光を一番反射しているところ)

▲好シ…一番暗く見えるところ(光源を背にして見えるところ)

正面…正反射より少し暗くみえるところ

 

で見えた一番近い色を主色にして足りない色味を足していきます。

この時赤や黄色など原色を足していくと彩度が落ちにくいです。

彩度が落ちると色がくすんだり、白っぽくみえてきます。

に近い色が出来たら,筬△ら見て方向変色に追随しているのか確認していきます。

 

田中の場合、

,ら確認して色が暗く見える場合…顔料が多いため、ラメ成分を足す

△ら確認して色が明るく見える場合…ラメが多いため、顔料を足す

と実際はこんな感じでやっています。

頭で考えてもよく分からなくなってくるので、だいたい感覚です…

 

最初に作った色です。

正面から見ると合っている様にみえましたが、スカシからみると明るく見えます。

 

2回目の試し吹き(真ん中)

まだ少しスカシが明るいです。

3回目の試し吹き(右)

ほぼ合いました。

 

エアブラシで吹きます。

 

 

少しのっぺりしたようにみえたので

別で少し濃い色を作って馴染ませる様に木目に沿ってランダムに線を入れました。

 

細かい木目を染料で描いていきます。

レッドマーテンブラシのNo1で細く薄ーくラインを引っ張っていきます。

指先に力を入れすぎるとうまく引けないので、

筆を軽く持って、穂先で表面を少しだけ撫でるような感覚で素早く筆を動かしながら描きました。

 

 

濃い色から始めると失敗するのでカラーインクの中で一番色が薄い178から始めて、

最終的にカラーインク113をセルローズシンナーで薄めにした色で描いていきました。

 

 

仕上に

スペシャルプライマーサンディングスプレーアクリルスプレーを吹いて終わりました。

 

以上が⑴顔料とパールコンクで調色しエアブラシで着色を使用した場合の作業手順です。

 

今回はこの他にも、

⑵顔料のみで調色し筆で着色

⑶顔料と粉末ラメ顔料で調色し筆で着色

の方法で作業を行い比較しました。

 

⑵:顔料のみで調色し筆で着色

 

ラメが入っていないため方向変色に追随しておらず

ほとんどの角度から浮いて見えたので部材に対して適した補修方法ではないように思いました。

 

⑶:顔料と粉末ラメ顔料で調色し筆で着色

 

ある程度の角度で方向変色に追随していますが、目立つ角度もありました。

部屋の端など目につきにくいキズや小さい目立たないキズに施工するのが向いていると思いました。

 

⑴:顔料とパールコンクで調色しエアブラシで着色

 

ほとんどの角度で方向変色に追随しています。

部屋の真ん中などいろんな角度から見えて目につきやすいキズや大きなキズに施工するのが向いていると思いました。

 

以上をふまえて、

効率的に作業する為には、

目立たないキズや小さなキズ…⑶

目立つキズや大きなキズ…⑴

の方法で作業することで時間短縮とクオリティを維持したままバランスよく仕上げることができるのではと思いました。

 

 

 

今回の反省点

パールコンクのラメ感が思った以上に強く、少量でもキラキラになったため、

様子を見ながら少しずつ加えていった方がいいです。

エアブラシを吹く際、加減が分からず対象から離れた位置からぼかしながら吹いたため

キズ以上に着色範囲が広くなってしまいました。

もう少し近い所から最小限の範囲で吹けば不必要な木目を描かずにすみました。

またスカシに気を取られて正面から見た時に少し濃い色味になったため、

やり直すか、もしくは細かい木目を描く時に明るい色を加えて調整する必要がありました。

 

反省点はたくさんありますが、今回の実験を今後に活かしていきたいです。

以上田中がお送りいたしました。

by 田中 カテゴリー: のんびり社員

ポストのくまさん

2015.09.05 Saturday

「これ、直してみる?」



社長から渡された黄色いクマは体と足が分裂していました…!

調べてみると材質はポリレジンというプラスチックの一種の様。

前のめりに傾いた姿勢をしていて
折れた部分のみ接着するだけでは強度に不安があるため
社長に相談しつつ足の空間に詰め物をして補強することにしました。

接着する部分の3僂曚評紊ドリルで小さな穴をあけ
そこから接着剤を流し込み、詰め物で中から接着する作戦です。



ずれないようにクマを固定してもらいながら、
注射器で接着剤を流し込むこと2回…
意外とすんなりとくっついてくれました!



くっついてしまえばいつもの補修作業!


少し段差の出来た表面をルーターで削り、





ハードワックスプラスハードワックスプロ
調色して削った表面に充填します。



ぼこぼこした風合いだったので、
ホットナイフで大まかに充填したのち、
ドライヤーで温めながらヘラを使ってテクスチャーを再現しました。
リキッドサンドペーパーは使うと周りの色が剥げてしまったので、
最後にワックスの表面を整える程度に使用しました。

(余談ですが黄色いクマなので黄色から作ればいいよね!
と安易に905から色を調色したら全く合わなかったので
実物とワックスの色を見定めるのは大切だなと改めて感じました…)




最後にフラットベースをいれたハイアートで着色!
あれ?この光景どこかで見たことある様な…







なかなかにきれいに直ってくれました!
さらに補修箇所を目立たなくする為には
着色してから
最後に軽くエアブラシで色をのせてあげると良いそうです(社長談)。
無事に二足歩行してくれてほっ…
もう折れないことを祈ります。

Pさんよかったねっ!!!






 

by 田中 カテゴリー: のんびり社員

8月研究会!

2015.09.05 Saturday

2ヶ月に1回従業員が講師になって行うこの研究会、
今回は陶芸です!

実はリペアルに集う女性スタッフ、
お局事務員も含めて全員、
陶芸専攻だったり専門学校に通っておりました。
土と泥と石膏にまみれた学生時代…
ということで事務員2も久しぶりの土いじりです!







本業が陶芸家のスタッフの工房にお邪魔して、
ろくろ教えてもらったり
手捻りでお茶碗作ったり
はたまた粘土遊び?をしてみたり…

学生以来ぶりの粘土は懐かしくもあり、
テンションの上がる触り心地でした…。
基本的に手を動かすことが好きな人間なのです。
この性分が補修の仕事に向いているんだろうなと思ったり…。

各々が色々と思考を巡らせつつ作業に没頭すること半日…。



食器からオブジェまでそれぞれの個性が光る代物が形になりました!

今後、
乾燥→絵付け→素焼き→施釉→本焼きを経て完成となります!

どんな作品に仕上がったのか、
また後日報告させていただきますので
しばらくお待ちくださいーっ!

by 田中 カテゴリー: のんびり社員

リペアル社内研修会!

2015.05.01 Friday

今日は2ヶ月に1回実施しているリペアル社内研修会の日です!
従業員が交代で先生になって授業をするのですが、
今回は鉄と木材を加工してベンチをつくることに!

これが完成図


足の部分は鉄を溶接、座面と荷物置きを木材で作ります。


今日は社長も教える立場から教わる立場です。



いつもの道具置き場が今日は溶接&木材加工場に!



事務員2も溶接に初挑戦しました。

スプレーガン状の道具の先から針金状の金属が出てきて、
それを溶かしてくっつけるようです。
小学校の時にやったハンダ付けみたいなものかと思いきや、
あまりのまぶしさにびっくりしました…
(失明する危険があるので溶接するところは直接見てはいけないそうです!!)
専用のフェイスカバーを片手に溶接しようとしますが、
顔を覆ってしまうと真っ暗でなにも見えずなかなか思い通りにできません…

苦心しつつ溶接した事務員2の仕事ぶりがこちら…



不必要にたくさんぼこぼこができてしまいました;;
なかなかすぐにできるものではないみたいですね!むずかしい!!

みんなで少しずつ溶接をしながら ビスをもみながら
なんだかんだで ついに完成!!



なかなか かっこいいベンチができました!
塗装をすればもっとすてきなもの仕上がる予感…!
ぐらつきもなく手作りとは思えない座り心地です。



この調子で机も作れるのでは!と次の作品作りに意欲的です!
リペアル家具課が出来る日もそう遠くないかも?!

by カテゴリー: のんびり社員

今日はみんなで勉強会

2014.12.26 Friday

今日は事務所にてなんと事務員2が色彩について講義しました。
講義といっても色の三要素や空気遠近法など中学生時代に習ったようなことばかりですが・・・

論理上、減法混色では混ぜると、色の三原色(マゼンタ・イエロー・シアンブルー)で全ての色を作ることが出来ます。
そこで3色+白のポスターカラーを使っていろんな色を作ることに・・・



三原色と言われると赤・黄・青を思い浮かべがちですが、マゼンタはどちらかというと赤紫色なんですね。

そしてこの3色を混ぜ続けると最終的に黒が出来上がると言われています。
みんなで挑戦しますがなかなか難しい・・・!




最終的に濃いグレー、黒と言うにはすこし明るい色が出来上がりました。
今回使ったポスターカラーが本来の三原色とは少し異なるためかもしれません。
調色には少しうるさい仕事柄、みんな悔しそうな表情・・・

それでもたったこれだけの色でそこまで近い色が再現できるのはすごいなあと思いました。

by カテゴリー: のんびり社員

思い立ったが吉日!

2014.10.25 Saturday

一人暮らしを始めて6年目、事務員2は家事が苦手です…
なかなか物が元の場所に戻らないので部屋の中が終止散らかっています。
部屋が散らかっていると心身にもよくないと教えてもらったので、
台所を掃除&片付けをすることにしました。

事務員1いわく掃除と片付けは全く別ものらしく

掃除…汚れをとりのぞくこと、
片付け…散らかったものを正しい場所に戻すこと

なのだそうです。

ということで一旦すべてのものを取り出して上からホコリを払ったり雑巾をかけたり…。なかなか落ちない汚れは洗剤に浸しつつ少しずつ落としていきます。
その後不要なものを捨てながら新しく使いやすい場所へお引っ越し…
片付けが終わる頃には日が落ちていました。

終わってみると台所と共に心もすっきり!!
これから料理を作るのも楽しくなりそうです。

by カテゴリー: のんびり社員

まさかの健康診断

2014.06.24 Tuesday

5月の終わりに健康診断を受けたのですが
この前診断結果が帰ってきました。

なんと衝撃のC判定…っ!!(7段階中3番目)

要経過観察とのこと
中性脂肪が低くて引っかかったようです。
事務員2はスリム体型ではなく、どちらかというとぽっちゃりしているので
なんで???と頭にはてなマークが浮かんだのですが
調べてみると

中性脂肪は普段の食事に強く影響を受ける数値で
低い状態は栄養状態が良くないことを示しているそうです。

思い返せば、普段あまり野菜を食べない上に甘いものをご飯にしていることが多々あったような…;;

反省してたくさん野菜を買ってきた事務員2でした…
ちなみに今日はピーマンの肉詰めと具だくさんコンソメスープを作りました。

来年は目指せA判定っ!

by カテゴリー: のんびり社員

リペアル補修漫画に描くのに参考にするため新商品ハードワックスFを使ってみました。
比較として同じ色番のハードワックス、ハードワックスプロも試しています。



プリントのフローリング材に彫刻刀で深い傷と浅い傷を作り、
深い傷の方にはわかりやすいように色をつけています。
ホットナイフでワックスを流しこみフィラーアプリケーターで面出しを行いました。



その結果ホットナイフで溶かす時はハードワックスのようにさらさらと溶け
面出しも伸びることなくフィラーアプリケーターできれいに削ることができました。
顔料がハードワックスの3倍、プロの2倍入っているので
隠蔽力は強くハード、プロ共に透けていた浅い傷も完全に消すことができました。







白系の部材を直す時プロを使うことがありますが
面出しの際にメタルプレーナーを使わなくてはいけないところを
Fならフィラーアプリケーターで削ることができるので
道具を持ち替える必要がなくスムーズに作業ができます。
面出しもプロよりきれいに仕上がる気がします。
また削った後少しマットな表面になるのでスプレーの際、充填した部分だけテカることなく艶調整しやすかったです。

田中個人的には
ハードワックスと同じ扱いができてプロ以上の隠蔽力がある充填材
という印象を受けました。

密着力はプロに劣りますが木部のへこみキズやえぐれキズを直す時にはそこまで必要ないので
これからはプロの代わりに使っていけたらなぁと思います。

by カテゴリー: のんびり社員

実りの春?

2014.05.28 Wednesday



今日は現場に向かう途中で小麦畑を見つけました。
一面ゆらゆら揺れる金色の穂でなんだか束の間のナウシカ気分…

お米は収穫は秋なので今の時期に実がなるのは不思議な感じがしましたが
小麦の収穫時期は夏だそうですね。
秋に種まき→5,6月収穫 春に種まき→7,8月収穫らしいです。
1つ豆知識が増えました。

by カテゴリー: のんびり社員

さくら祭り

2014.04.17 Thursday

先日地元の春祭りに行ってきました。

2年に1度、町の中を山車や獅子舞が笛と太鼓の音色と共に練り歩きます。
今年は天気もよく桜も満開で、絶好のお祭り&お花見日和でした!

懐かしの母校

水面に桜が写りこんでとてもきれいでした・・・

4台の山車が町内を練り歩きます

岡山に来てから5年、地元を歩く機会も少なくなり
久しぶりに町内を回りました。
学生だった頃にはなかったお店ができたり道が整備されていたりと、
どことなく知らないところにみえて少し寂しく感じたり・・・

しかしながらそこは地元。小学校の恩師や同級生といった懐かしい顔ぶれに遭遇し、聞き馴染んだ方言にほっこり・・・
リフレッシュすることができました〜

by カテゴリー: のんびり社員

全[2]ページ中[1]ページ目を表示しています