ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

ポリラックNS1

2019.09.03 Tuesday

こんにちは、リペアル社員の笠原です。

梅雨のジメジメが終わって夏真っ盛り、暑さで仕事が辛い時期です。

少しでも早く仕事を終わらせて冷えたビールが飲みたい。

 

というわけで今回は作業時間を短縮できる優れたパテ、ポリラックNS1についてご紹介しようと思います。

 

主剤(800g)、硬化剤(20g)

 

     

主剤は木肌色,硬化剤は無色透明です

 

このポリラックNS1のすごいところは無収縮ということです!

従来のパテは硬化時に収縮してしまい一度の充填では不十分でしたがポリラックNS1は一度の充填でしっかりパテ埋めができます。

 

試しにレックスリートと比べてみましょう。

フロア材に彫刻刀で窪みを作りポリラックNS1とレックスリートをそれぞれ充填

 

硬化するのを待ってからプラサフを塗布してペーパーをかける

 

収縮して凹みがあるレックスリートには全体的にプラサフが残りますが無収縮のポリラックNS1には若干の充填不足の箇所に残っているだけです。

 

密着性も非常に強く、しっかりした硬度がありながら研磨もサクサク快適に行うことができる優れもの。

広範囲のパテ埋めも短時間で終わらせることができ作業効率の向上に非常に役立ちます。

 

注意点としては

1.主剤と硬化剤は別々のヘラで取り出し使わない主剤、硬化剤にはどちらも混入しないようにする。

2.主剤の入っている缶の縁は常に綺麗にしておく。

(縁に残った主剤が乾燥して蓋がちゃんと閉まらなくなる)

3.主剤が柔らかいので硬化剤と混ぜる時はヘラで押し付けるように練る。

(空気が入り込むと陥没、割れなどの原因になります)

1.2はしっかりしておかないと主剤が硬化してしまうので特に注意して下さい。

 

従来のパテに不満がある方、逆に満足している方にも試してもらいたい一押しのパテです。興味を持っていただけましたら是非一度使ってみて下さい。

by 笠原 カテゴリー: のんびり社員

コメント