ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

アルテコ新メンバー!

2020.03.18 Wednesday

各地でてんやわんやの年度末、暗い話題や自粛ムードですが、気持ちは楽しく春を迎えたいです。

 

さて、商品をお届けする際同梱しているアンケートはがき。皆様からのご要望もたくさん寄せられておりますがその中で、もっと削りやすい瞬間接着剤はないものか、とのご相談がありました。

 

いろいろと探してはみたのですが、条件にピッタリ!というものはなかなか見つけられません。

リペアルで取り扱っている接着剤はアルテコ製品がほとんど。

 

そこでアルテコさんに相談してみました。

 

・硬化後も硬くはなるがペーパーでサクサク削れる

・充てん剤として使える粘度である

という条件で力をお貸しいただき、このたび補修屋さんに最適の「面出ししやすい瞬間接着剤」が完成いたしました!

 

その名は、Z195-1

粘度(※下の記事もご覧ください)は1000mPa・sで卵黄くらいかなといったところで低粘度ではありますが、すぐに染み込むようなこともなく、モリモリ盛れちゃってすぐに均さないとということもなく、使い勝手の良い感じではないでしょうか。

左:Z195-1 右:ジェル

約45度の傾斜に垂らしてみました。2〜30秒かけてゆっくり垂れていきます。ちなみにジェルはいつまでたってもこのままです。

 

注目はここから。

Z195-1と、比較としてアルテコジェルをとってアルテコスプレープライマーで硬化、#360相当のアシレックススカイ粗目で10回こすってみました。

いかがですか?この削りかすの違い。Z195-1のほうがより削れていることが分かります。

どうしてこんなに目立たないところでやってしまったのでしょう。

左がジェル、右がZ195-1です。

 

面出しや成形の際に余分な体力や時間を省いて、作業効率UP!を叶えるニューフェイス。ぜひおひとつお試しください。

 

※接着剤の粘度についてのお話はこちら

by 恵美 カテゴリー: お知らせ

コメント