ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

マンションリフォームのご報告記事も三回目となりました。

今回は、洗面所とトイレ。水まわりの結果でございます。

 

まずは洗面脱衣所、リフォーム前。

白とダークブラウンでまとめられた清潔感がありつつも高級感を演出といった具合です。

入って正面に洗濯機、左手には収納力抜群の洗面台。

 

続いてリフォーム後。

既存の洗濯機スペースはマンションサイズなのか小さ目だったので、作り付けの収納も洗濯パンも取ってしまいました。

左手にはゆったりとオープン収納。下側はハンガーポールで物干しスペースとなっています。

天井にもハンガーポール、浴室にも付属の物干しざおがあります。

乾燥機もご使用とのことで、ベランダにがっつり洗濯干します!というスタイルではないため、洗濯機の近くに部屋干しできるようにしました。

 

あれ?洗面台は?

そう。このユニット洗面台。

撤去です。

 

でも、ご安心ください。洗面台は存在します。

玄関を入ってすぐに手が洗えるように、別の場所に移動しました。

水まわりの移動、条件が合えば可能です。とはいえなかなか収めるの大変でした…。

 

ちなみにここも壁給排水。徹底的に床には固定のものを付けません。(主婦の意地)

ペンダントはどちらもナカオランプさんです。

 

最後にトイレ。

初めてみるタイプのなんだかごついトイレでした。

奥の収納部分もトイレの一部でどうにもならず、色味を変えることで雰囲気を作りました。

 

出来上がったのがこちら。

壁紙、クッションフロアは脱衣室と同じです。

棚板部分は木目調のシート、収納部分は塗装です。

 

壁についていた小物類も雰囲気に合わせて、撤去&チェンジ。

照明もグッと暗いものにしました。

 

前回までのモノトーンでスタイリッシュな雰囲気とはまた違う、どこか古くて暖かい脱衣室とトイレ。

そして、落ち着いた色味ではありながら、タイルや照明の組み合わせが華やかな洗面台。

家全体が白とダークブラウンで統一されていたリフォーム前とくらべ、リフォーム後はスペースごとにガラッと雰囲気が変わります。

 

そう、他の部屋はもっともっと違うんです!

次回をお楽しみに。

by 恵美 カテゴリー: お局事務員

コメント