ケーニッヒ社正規販売代理店・リペアルのショップサイトを開く

アーカイブ一覧

RSSの購読:
ATOM
RSS
管理者ページ

ニューおまけアイテム

2018.05.09 Wednesday

ゴールデンウィークはいかがでしたか?楽しい思い出は作れたでしょうか。

 

さてさて、リペアルのオリジナルグッズ手ぬぐいが残り僅かとなっています。ビギナーキットにおまけでついてくるのも無くなり次第終了です。なんだかさみしいです…。

 

そんなさみしさを吹き飛ばすべく、新しいオリジナルグッズを作りました。

軍手!リペアルカラーのグリーンにロゴがちりばめられてかわいいです。

 

ハイアート、ハイアートCBエコ、ハイアート関連商品をお買い上げの方に同梱させていただきます。

塗料から職人さんの手を守るために身を呈して働きます!

 

ハイアートをお買い上げいただかなくても、備考欄に「軍手欲しい」とご記入いただければ、一つのご注文に一双にはなりますが同梱させていただきますのでお気軽にご依頼ください。

 

ご注文お待ちしております!

by 恵美 カテゴリー: お知らせ

4月は春だと思っていましたが、すでに夏のような気温ですね。

暖かいではなく...暑いです。

 

さて今週末からいよいよゴールデンウイーク突入ですね!

リペアルのゴールデンウイークの営業はカレンダー通りです。

 

4/28〜30は休業、その間のご注文・お問い合わせは5/1の対応となります。

続いて5/3〜5/6まで休業、その間のご注文は5/7の対応となります。

 

5/2の15時までのご注文は5/2発送、それ以降のご注文は5/7発送となりますのでご注意ください。

なお、欠品などで当日発送出来ない場合は5/8以降の発送となる場合がございます。

何卒ご了承くださいませ。

 

休業期間中のオンラインショップ及びFAXでのご注文、お問い合わせは随時受け付けておりますが、ご回答は前半は5/1 後半は5/7となります。

ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

 

それではみなさま良い休日をお過ごしください‼

 

 

by 古川 カテゴリー: お知らせ

白(い)(プラ)サフ

2018.04.04 Wednesday

最近登場頻度が高まっている岡本です。

 

またまた新商品の紹介です。

 

新加入を待ち望んでいた方の声をチラホラ聞きます...

 

それがこちら

 

 

白サフ、その名の通り白いプラサフです。

 

 

今あるプラサフ、何色かご存知でしょうか。

 

 

ご存知ですよね。

 

 

↑グレー色です。

 

今までのプラサフもサッシ補修には欠かせない非常に便利な存在ですが、白系の部材に使うとグレー色を隠蔽するためその後のスプレーが分厚くなりがちです。

 

そんな時にぜひ白サフをオススメいたします!

 

吹いた感触、乾燥、塗膜感など、使用感はプラサフと同じです。

 

ただ白い部材に白サフを吹くと当たり前ですが吹いたキワも白いので、どこまで吹いたかは覚えておく必要があります。

 

この機にぜひお試しください!

 

スペシャルプライマーミッチャクロンもお忘れなく!

 

by 岡本 カテゴリー: お知らせ

新加入〜ファン筆〜

2018.03.23 Friday

 

ご無沙汰しております。リペアル岡本です。

 

私が今回紹介する商品がこちら

 

 

ブラックスワン ファン2号

 

弊社商品として新加入したものの、ご紹介が遅れてしまい申し訳ございません。

 

ご覧の通り、扇状の筆です。

 

 

この写真、ファン筆を使ったとある実験なのですが、わかるでしょうか。

 

 

 

 

実は左手前にあったフロアの模様を見事に隠していました。

 

写真は塗料右半分を取り除いた状態で、左半分にも模様は続いています。結構広範囲を隠蔽してみました。

 

半分だけ模様を隠した写真を見るとフロアと塗料の境目が分かりやすいのですが、全部隠してしまえばパッと見の違和感ないです。

 

このファン筆、“自然にぼかす”ことにかなり長けた筆です。

 

これまでリペアルで取り扱ってきた筆たちだとこのように筆一本だけでぼかして仕上げるのはなかなか難しいと思います。

 

ファン筆はこのような大理石模様のシート材フローリングの補修で大いに威力を発揮いたします。

 

フロアにしっかり色を合わせたパテを埋めて、その上にこの筆で着色した塗料をタッチアップしクリアで仕上げます。

 

傷の範囲や具合にもよりますが、この方法ならガンを吹く事もなく時間を取らずに補修ができます。

 

 

 

ファン筆の大きな特徴は、塗料を含むと無数の毛束を作り広範囲にまんべんなく線を描くことができます。

 

 

塗料の量や水分量、強弱の付け方などによって描ける筆のタッチが大きく変わります。

 

コツさえ掴めば現場でかなり使える一品です。

 

この機に是非お試し下さい。

 

(このファン筆を使った大理石模様のフロアの直し方は次の機会にご紹介します。)

by 岡本 カテゴリー: お知らせ

全[209]ページ中[2]ページ目を表示しています